Ballroom Dance Hawaii
 
ジョアン・靖子の経歴

経歴
1970年代に競技選手として、英国の当時のトップコーチであったニーナ・ハント先生の強い勧めでハワイから「ブラックプール」に出場。まさに、「彗星のように現れて彗星のように消えた」と言われ才能溢れるジョアンでしたが、もろもろの事情のため惜しまれつつも競技は断念。しかしながら、逆境をバネに「ダンスは私の人生」という主旨において勉強をし続けた結果、ダンスの勉強は一生では足りないほど奥が深いということを悟るに至る。
ジョアン: 「今、私なりの勉強の成果を皆さんとシェアしています。“過ぎたるは及ばざるがごとし”ということわざもあります。レッスンに練習に励んでいる皆様お体を大切に、短時間でもいいですから“どうして”と“どうやったら”の答えのはっきりしたお稽古を通して上達への道を邁進して下さい。」

 

備考
ISTD (Imperial Society of Teachers of Dancing) 米・英国 所属
UKAPTD (United Kingdom Allicance Professional Teachers of Dance) 英国所属

競技断念の後、世界チャンピオンや、世界的コーチ《ピーター・マックスウェル、リチャード・ジャネットグリーブ、ドニー・バーンズ、ゲイナー・フェアウエザー、ニーナ・ハント、マーカス&キャレン・ヒルトン、ピーター・エグルトン、その他多数を13年に渡り、招待デモやレッスンに励んだ結果、ボールルームダンサーに必要なバランスや表現力を他のダンスの分野の巨匠達から学び、独自のエクササイズを考案・構成し、ハワイでの50〜70代の生徒さんからも「身体のバランスが大変良くなった」と好評を得る。
長年に渡りハワイでセミナーやスタジオでのレッスン行っている下記のダンス界の巨匠たちから、究極のバランス感覚や、またダンサーの身体をしなやかに保つエクササイズなどを伝授され今日に至る。


クラシックバレー 
ニューヨークシテイーバレー ノーラン・デイングマン
アメリカンバレーシアター     アレン・オベア
小牧バレー団元ソロイスト     ロンダ・木村
ハワイステートバレーのジョーン・ランドウスキー(ロシア)
ハワイのトップバレーダンサーであったウィリー・デイーン〔ヤスキ・サッサ=マーゴット・フォンテインとパートナーを組んだ事もあるトップバレーダンサーの愛弟子〕とはクラシックバレーとボールルームダンスの交換レッスンを行う。
ジャズ     
アール・ゴッサン系統
ヨガ      
13年間 アイイェンガーヨガを勉強。
ジャイロキナシス
ニューヨークブロードウエイダンサーがするエクササイズジャイロキナシスの一部は体を癒します。
ピラテ
バレーハワイ主催のピラテ


“大事なのは内なるエネルギーの使い方“ 


●以上の知識と経験を生かし、生徒の身体とニーズに合わせた方法で指導を行っております。

1.筋肉のコントロールの仕方がわかってくると
2.バランスが良くなってくる
3.バランスが良くなってくると踊りの切れが良くなり音楽をよりよく表現できるようになる

●以上の3項目は切っても切れないものです、一番大事な基礎のバランスの勉強をすることが上達へ繋がります。
バランスが良くなるとリズムに乗れるので表現力が増しパートナーとの調和も更に良くなるといいことずくしですね。

 

Copyright © 2007 Joann Yasuko Dance Center. All Rights Reserved.

ContactTopBallroom DanceExerciseAbout Joann